【JLラングラー】納車から1年!ざっくりレビュー。

こんにちは、mahm(まーむ)です。
早いもので、納車から1年が経過しました。
走行距離は2万キロを超えています。

今回は、JLラングラーを1年間乗り回してわかった、良いところと悪いところをまとめてみました。
購入を検討している方の参考になれば幸いです。

私がJLラングラーを購入するに至った経緯は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事

こんにちは、mahm(まーむ)です。 JEEPラングラーアンリミテッド(JL)が納車されてから、間も無く1年。今回は、我が家がJLラングラー購入に至った経緯をご紹介します。 そうだ、キャンプに行こう! &n[…]

良いところ

見た目サイコー

 

これは文句なしです。
見た目大事。
万人受けするわけではないと思いますが、私は好きです。

四角いボディーに丸目のライト。
突き出したフロントバンパーと、大きなフェンダー。

どこの駐車場に停めても、必ず数人は振り返って見ている気がします。
気のせいかな?
すれ違う車も、みんながこの車を見ている気がします。
これも気のせいかな?

そして、新しい車なのに古い形をしてるじゃないですか?
これってすごいことだと思うんです。
10年後、15年後にこの車を見ても、「型落ち感」はしないですよね。

高級セダンやワンボックスは、買った時はもちろんラグジュアリー感があっていいと思うんですが、10年後には間違いなく「型落ち感」が出ますよね。
そういう車に乗る人は、10年も同じ車に乗らないのかもしれませんが。

キャンパーっぽい

 

これも見た目の話ですね。
完全にキャンパー気分です。
まだ行けてないんですけどね。

しかし、そんなことは初見ではわかりませんよね。
アウトドアショップに行く時は、特にキャンパーっぽく振る舞ってます。
まさか、私が一度もキャンプをしたことがないど素人だとは、誰も気付いていないはず。

悪路に強い

 

これは大事なポイント。
私が住んでいるのは雪国です。
雪道に強いということは、私にとって一番のメリットかもしれません。

以前は、大雪の日は残業どころではありませんでした。
「一刻も早く帰らねば」
仕事を途中で放り投げて帰ったことが何度もあります。

しかし、JLラングラーに乗り換えてから、以前に比べ1時間は長く残業できるように。
安心感、安定感が全然違いますね。

意外と運転が楽

不安だった車幅感覚も、慣れればそんなに気になりません。
助手席側はサイドミラーの下にカメラが付いているので、あとどれくらい寄れるかわかりますしね。

また、目線が高いというのも運転が楽なポイントですかね。
以前乗っていた車は車高が低かったので、高さの違いは相当あります。
今まで見えなかった景色を見ている気がして、なんか得した気分。

JK型と比べて良くなったところ

燃費が良くなった

だいたい10km/L弱です。
見た目からは想像がつきませんよね。

JK型のスポーツが、カタログ値7.5km/Lだったのに対し、JL型は11.5km/Lと大幅に改善されています。
これは排気量が3600ccから2000ccにダウンサイジングされていることが大きな理由ですかね。

「あの車、燃費悪いでしょ?」とよく聞かれます。
「10くらいですかね〜」と言うと
「え?まじで?」と言われます。

税金が安くなった

前述の通り、JK型スポーツの排気量は3600ccで、自動車税は66,500円。
JL型スポーツの排気量は2000ccで、自動車税は39,500円。
比較すると、27,000円も違うんですね。

ちなみに、2019年10月1日以降に購入した新車の場合は、もっと安いみたいです。
法律が変わったようですね。
私は2019年4月に購入したので、39,500円。

スマートキーになった

これは嬉しい。
以前乗っていた車がスマートキーだったので、スマートキーに慣れてしまいました。

しかも、JLラングラーのキーがかっこいい。
キー部分は収納されていて、ボタンを押すと「ジャキッ」と出てきます。

小回りがきくようになった

JK型の最小回転半径が7.1mだったのに対し、JL型は6.2mになりました。
約1mも改善されています。
それでも、ランドクルーザーやハイエースよりも大きいですがね。

後部座席が快適になった

待望のエアコン吹き出し口がつきました。
これで暑い日や寒い日のドライブも快適ですね。
そして、シートの角度や足元のスペースなども若干改善されているようです。

悪いところ

水が滴る①

 

これは知らなかった!
というか、予想もしていなかった!

雨の日、運転席と助手席を開けると、膝か太ももにあたるくらいの位置に水が滴ります。
土砂降りの日は、乗り込むのを拒むかのように滝になります。
これが結構邪魔。

何か対策はないものか、模索中です。

水が滴る②

 

雨の日、ラゲッジルームの上のガラス部分を開けると、水が滴ります。
こちらも、土砂降りの日には滝のように。
ボディーとガラスの間に隙間があるので、当たり前ですね。
ガラスに当たった雨は、もれなく隙間から流れてきます。

これも対応策を模索中。
どうにかなるかな〜。

夏、特に晴れた日は車内が暑い

屋根が鉄板のため、夏はかなり暑い。
触るとよくわかります。

後付けで貼る断熱材もあるようですが、私は貼っていません。
安いものだと、すぐに剥がれるというレビューもチラホラ…。

洗車がツライ

ボディーがデカい上にデコボコしているので、かなりツライです。
覚悟はしていましたが、想像以上。
洗車機では洗えないって噂だし。

拭き上げも大変。
ちゃんと拭いたはずなのに、なんか水滴出てくるし。

雪を下ろすのがツライ

 

洗車が大変な理由と同じです。
デコボコしているので、至る所に雪が積もります。
フェンダー、スペアタイヤ、フロントバンパーなど。
普通の車の2倍は時間がかかるように感じます。

冬、特に寒い日はドアが開かなくなる

 

これは致命的。
樹脂製のドアノブが凍ってしまうのです。
無理に開けようとすると、ドアノブが取れてしまうのではないかと不安になります。

あと、ドアのヒンジが剥き出しでかっこいいのですが、寒い日はヒンジも凍ってしまうことがあります。
私が住んでいるところは特に寒い地域なので、暖かいところであればこんな問題は起きませんね。

ラゲッジルームの使い勝手はイマイチ

 

荷物はたくさん入りそうなイメージでした。
しかし、バーが左右に配置されているため、思ったほど積載力はありません。
高さは十分にあります。

私はラゲッジルームの積載力を上げるべく、ファブテックのカーゴラックを設置しています。
2段仕様になり、使い勝手は抜群になりましたよ。
おすすめです。

【JLラングラー】ファブテックのカーゴラックで積載効率UP!

まとめ

JLラングラーが納車されてから1年。
後悔は全くしていません。
JKラングラーから改善されている点も多く、JL型の発売を待って良かったと思っています。

寒い日にドアが開けられない、そんなところも「かわいい」と思わせてくれる不思議な魅力がある車。
これからも大事にガンガン乗り回していきたいと思います。

とりあえず、早くキャンプに行きたい!

納車から2年のレビューはコチラ▼

関連記事

こんにちは、mahm(まーむ)です。 2021年4月末で、JLラングラー納車から2年が経過しました。無事故無違反で2年が経過したこと、嬉しく思います。納車数日後に、かわいい妻が物干し竿をぶつけて傷がついたのは良い思い出です。 […]

最新情報をチェック!