ブラック党におすすめの焚き火テーブル【ヒートレジスタントサイドテーブル】

ブラック党のみなさんこんにちは、mahm(まーむ)です。

私は黒が好きです。
車はもちろん、キャンプギアも黒を好む傾向があります。

黒って、とても高貴な色だと思うんですよね。
それに、どんな色とも相性がいいです。

今回は、私が愛用しているブラックの焚き火テーブルをご紹介します。
購入を検討している方の参考になれば幸いです。

焚き火テーブルの王様

出典:ユニフレーム

言わずと知れた名品、ユニフレームの焚き火テーブルです。
焚き火テーブルと言えば、こちらを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。

スペック

  • サイズ 使用時:約55×35×(高さ)37cm/収納時:約55×35×(厚さ)2.5cm
  • 材質 天板:ステンレス鋼(特殊エンボス加工)/サイド:天然木/スタンド:ステンレスパイプφ19mm
  • 重量 約2.3kg
  • 分散耐荷重 約50kg

熱や傷、汚れに強く、焚き火の時のサイドテーブルに最適です。
収納時は2.5cmと非常に薄く、持ち運びにも便利。

2枚使い、3枚使いの猛者もいるほど。
現在はちょうど2枚分のラージサイズも販売されています。

イマイチなところ

持ってる人が多い

これは人気商品であるが故、仕方ないところ。
多くのキャンパーさんが所有しているのではないでしょうか。

「人と同じ」ということがあまり好きでは無い私。
できれば、あまり使っている人が多くないテーブルがいいのです。

収納袋が別売

しかも、まあまあなお値段。
標準で付属していればいいのですが…。

これは完全に好みの問題。
シルバーはちょっと…。

ユニフレームの焚き火テーブルは、間違いなく名品です。
(私が言うまでもありませんが…)

他にいい焚き火テーブルはないものか…。
できれば黒がいいな…。
そんなある日、見つけました。

ホールアース「ヒートレジスタントサードテーブル」

ブラック党のみなさん、お待たせいたしました。
ブラックの焚き火テーブルです。

私はTHE NORTH FACEのステッカーを貼っています。
ブラックにホワイトが映えますね〜。

私は、ヘリノックスのタクティカルチェアとともに、いつもJLラングラーに積みっぱなし。
いつでもどこでもピクニックできます。
関連記事

こんにちは、mahm(まーむ)です。 みなさん、キャンプのチェアは何をお使いですか?きっとスペシャルなチェアをお使いのことと推察いたします。 チェア選びって、かなり重要ですよね。使いやすいものでなければなりません。 座っ[…]

スペック

  • サイズ 使用時:約56.5×35×(高さ)37cm/収納時:約56.5×35×(厚さ)2cm
  • 材質 天板:スチール(耐熱塗装)/サイド:天然竹集積材/スタンド:スチール(耐熱塗装)
  • 重量 約2.8kg
  • 分散耐荷重 約30kg

ユニフレーム焚き火テーブルとの比較

幅が1.5cm広いようです(奥行・高さは同じ)。
また、天板及びスタンドの素材はステンレスではなくスチールのため、ほぼ同じサイズながら重量が0.5kg増の2.8kg。
収納サイズは、こちらの方が0.5cm薄いです。
耐荷重については、なぜか20kgも差が。

構造は同じなのに、一体なぜこんなに差があるのでしょう…。
とりあえず、そんなに重いものを乗せることはないのでスルーします。

構造

スタンドは、裏側に収納されています。
ユニフレームの焚き火テーブルと同じ構造ですね。

スタンドのロックを解放します。
どちらも可動しますが、片方解放すればOKです。

ロックを元に戻します。
先に足をセットしてもかまいませんが、私はこの方法で組み立てています。

足を開いてセットします。

ひっくり返して完成です。
簡単。
チョー簡単。

外観

黒が緑に映えてますね〜。
かっこよし。

中央部は穴があいてます。
なんか意味あるのかな?

横からのアングルも良し。
サイドの竹もいい色です。

ブランドロゴは控えめなのが好印象。
両サイドの竹の部分に入っています。

ホールアースのロゴは変更されたみたいですね。
私が所有しているテーブルは、変更前のロゴです。
個人的には、変更後の方がかわいらしくて好み。

アウトドアブランド|Whole Earth(ホールアース) 公式サイト

いいところ

ブラック

ブラック好きの私としては、黒いだけで大満足。

収納袋が付属

最初から付属しているのは大変ありがたい。
結構しっかりとした作りで、テーブルが飛び出さないようにマジックテープがついています。

ペラペラの袋ではなく、少しクッション材が入っている感じです。
これもロゴが古いバージョンですね。

少し余裕のある作りなので、もう1枚入りそう。
ユニフレームは収納袋が別売りなので、これは大きなアドバンテージ。

安い

ユニフレームは7,900円(税別)。
ホールアースは6,200円(税別)。
その差は1,700円。

イマイチなところ

傷が目立つ

ブラックの宿命。
擦り傷が目立ちます。

ユニフレームの方はこんなに目立たないと思います。

まとめ

耐荷重には差がありますが、30kgもあれば十分のような気もします。
価格差ほど性能に差があるとは思えません。

黒だし、あまり人とかぶらないし、安いし、収納袋もついてくるし。
いいことばかり。

私はスノーピークが好きですが、全てのギアをスノーピークで揃えようとは思っていません。
一番意識しているのは、サイトの「統一感」ですね〜。

ホールアースはブラック系のギアが多いので、好きなブランドです。
今後もお世話になります。
(って言っといたら、メーカーからなんかプレゼント届かないかな〜)

2021.6.9追記

サイドバーがついた「ヒートレジスタントサイドテーブル2.0」にリニューアルされたようです!
シェラカップを引っ掛けたり、何かと使えそうですね。


ブログランキングに参加中。
ぜひ!ポチッと!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

最新情報をチェック!