キャンプに似合う車は?と聞かれたら「Jeep!」と答えますよね?

こんにちは、mahm(まーむ)です。

JEEPラングラーアンリミテッド(JL)が納車されてから、間も無く1年。
今回は、我が家がJLラングラー購入に至った経緯をご紹介します。

そうだ、キャンプに行こう!

 

出典:snowpeak

2016年頃、急にキャンプがしたくなりました。
焚き火をしながら飲むビール、朝靄の中で飲むコーヒー。
どれも魅力的です。

私はビールとコーヒーが好きです。
これだけでもキャンプをする価値があると感じました。

大自然の中で楽しそうに遊ぶこども。
おいしそうにキャンプ飯を食べるこども。
眠い目をこすりながら焚き火にあたるこども。

家では見ることができないこどもの表情を見るのも楽しみです。

車…どうする?

当時乗っていた車

とてもキャンプ場には似合わないような車でした。
その車でキャンプに行ったら、おそらくバンパーや腹をガリガリ擦ったことでしょう。

車も大事なキャンプギアです。

新しい車

キャンパーっぽい車に乗り換えることは、幸い妻も乗り気でした。
それから2人で車探しを始めました。

妻が気に入っていたのは、トヨタのFJクルーザー。
人気の車ですよね。
確かにかっこいい。

対して私は、JEEPラングラーアンリミテッドに夢中。
最終的に妻が折れてくれて、キャンプギアとしての車が決定しました。

JEEPディーラーへ

1回目の訪問

2018年の2月、家族で出掛けた帰り道、妻が「ディーラーに行ってみない?」と言ってきました。

購入することは決めていたものの、1度も実車を見たことがなかった私たち。
見学に行ってみることにしました。

出典:Jeep Japan公式サイト

その時展示されていたラングラーは、JK型の限定車アルティチュード(ブラック)でした。
私がネットで調べた際、「これがほしい」と思った車です。

初めて見る実車を前に、かっこ良すぎて鼻血が出そうだったのを覚えています。

契約には至らず

もう契約しちゃいそうですが、その時は思いとどまりました。
その理由は、年内にラングラーがフルモデルチェンジするという噂があったからです。

ネットにあふれる新型ラングラー の情報を読み漁っていた私は、JKよりもJLの方に魅力を感じていました。
ただ、JK型のアルティチュードはとても魅力的でした。

2回目の訪問

1回目の訪問から1年後の2019年1月。
2018年の11月にフルモデルチェンジをしたラングラーに試乗してみようということで、再びJEEPディーラーを訪れました。

JKもかっこよかったけど、JLもかっこいい。
待ってよかったと思いました。

試乗

見た目とは違い、とても乗りやすい車だと感じました。
目線が高いのもGOOD。

ただ、室内は思ったよりも狭い。
特に天井が低いと感じました。

私の座高が高いだけ?

それでも、乗り心地は満足。
妻も納得でした。

契約

その日は試乗だけのつもりでした。
しかし、「いま契約しても、納車は半年くらいかかるかもしれません」という営業の方の言葉に焦り、契約しちゃうことにしました。

JLラングラーアンリミテッドスポーツのブラックと決めていたので、あとはオプション選択です。
意外とスムーズに決まりました。

私が選択したオプションについては、機会があれば別記事でご紹介したいと思います。
審査も通り、無事契約となりました。

納車

納車は2019年の春。
予定よりも早く、契約から4ヶ月ほどでの納車。
これからJLラングラーと冒険できると思うと、ワクワクが止まりませんでした。

納車待ちの期間は、JLラングラーのカスタムのことばかり考えていました。
「これつけたら便利かな?」
「これほしいけど、高いな〜」

こういうことを考える時間て、とても楽しい。
実際、色々なパーツを取り付けてカスタムを楽しんでいます。

まとめ

JLラングラーの購入にあたり、実は葛藤もありました。
小さいこどもがいる我が家。
普通に考えたら、次の車は乗り降りのしやすいスライドドアのワンボックスでしょうか。

ラングラーは真逆の車です。
スライドドアでもなければ、乗り降りもしにくい。
迷いましたが、最終的に「ぼくJeepがいい!」という長男の言葉に後押しされました。

納車から1年程経過していますが、後悔はありません。
買ってよかったと思っています。

ファミリーカーに乗るか、JLラングラーに乗るか、迷っている方の参考になれば幸いです。

最新情報をチェック!