オシャレな薪置き台といえばコレ!【ログフープS】をレビュー!

こんにちは、mahm(まーむ)です。

「キャンプには焚き火がつきものじゃぃ!」という方も多いと思います。
癒される時間ですよね。

焚き火で使用する薪も大事ですが(質や量)、その薪を置く台にもこだわりたいところ。
ここにこだわると、一気におしゃれ感が出るような気がします。

今回は、私が使用している薪置き台をご紹介します。
購入を検討している方の参考になれば幸いです。

ダッチウエスト「ログフープS」

ダッチウエスト社は、主に薪ストーブや暖炉の製造販売を手がけるアメリカのメーカー。
この「ログフープS」は、本来薪ストーブ用の薪置きです。
薪ストーブや暖炉の隣に置く用にデザインされているということは、おしゃれに決まってますよね。

ちなみにダッチウエストジャパンという日本の代理店もあり、大阪や神戸にはショールームもあるみたいです。

薪ストーブのことならダッチウエストジャパン

薪ストーブをお探しなら職人徹底品質管理のダッチウエストジャパンへ。暖炉、煙突など関連商品も多数販売しております。…

出典:ダッチウエストジャパン

私が使用している「ログフープS」のほかに「ログフープL」もあります。
キャンプに向いているのは「ログフープS」。
「ログフープL」はめちゃくちゃでかいみたいなのでご注意を!

オサレ

まぁまぁ、一番はこれですよね。
誰がなんと言おうと、見た目は大事。
置いておくだけで映えてます。

持ち運びしやすい

上部には蝶番があり、閉じた状態で持ち運ぶことができます。
これだけ薄ければ、ラゲッジルームの隙間に入れるのは簡単ですよね。

広げた状態で固定するために、ロックするパーツが付属しています。
このパーツ、無くさないように注意です!
私、何回か見失ってます。
(幸いその都度見つかってますが)

一緒にベルトなどで固定するか、毎回必ず持っていくギアと一緒に保管するなど、工夫が必要です。
私は焚き火周りのギア(薪ばさみ等)と一緒に持ち運んでいます。

薪が湿らない

薪を直置きしないことで、地面の湿気を吸いません。
雪中キャンプでは、特に恩恵がありそうですね。

薪が散らからない

焚き火周りがスッキリしますね。
写真でわかる通り、かなりの量の薪をまとめることができます。
また、残りの薪がどれくらいか一目でわかるというところも利点ですね。

雰囲気UP!

焚き火周りだけでなく、サイト全体の雰囲気もUP!
一気にオシャレキャンパーの仲間入り?!

まとめ

ダッチウエスト社の「ログフープS」をご紹介しました。
このギアは、初めてのキャンプから毎回持っていっているものです。

薪置き台は他社からも多数リリースされていますが、私のおすすめは断然ログフープ!
と言っても、他社製品を使ったことはないんですけどね。
だから説得力はゼロです!

見た目は言うことなし、積載も簡単とくれば、買わない理由はありませんよね?!
まじでおすすめです。


みなさんの応援が力になります。ぜひ!ポチッと!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


最新情報をチェック!